FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/244-2a7c70ec

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

高齢化社会の現実

神戸地裁尼崎支部、「がんで自ら死期近い」と悲観

 兵庫県尼崎市のマンションで昨年11月、認知症の80歳の妻を絞殺したとして殺人罪に問われた同市西本町北通、無職橋本幸夫被告(85)の判決公判が12日、神戸地裁尼崎支部であった。渡辺壮裁判長は「非難は免れないが、がんで自らの死期が迫っていると思いつめ、妻を一人残して死ねないとの責任感が背景にあった」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

 判決によると、橋本被告は病院で大腸がんの疑いを指摘されて死期が近いと思い、妻の房恵さんの将来を悲観。昨年11月11日未明、寝ていた房恵さんの首をひもで絞め、窒息死させた。

 判決理由で渡辺裁判長は「子供を不慮の事故で亡くしてから約50年間、妻を支え続け、認知症を患って以後も懸命に介護していた。犯行はひとえに妻の身を案じたもの」と指摘。そのうえで、「反省し、妻の親族らも寛大な処分を希望している」などと執行猶予の理由を述べた。

 さらに、渡辺裁判長は判決言い渡し後、「もう少し医学や、親族、社会福祉機関も信じていれば、こんな結果にはならなかった。妻の冥福(めいふく)を祈って過ごしてもらいたい」と語りかけると、橋本被告は黙って一礼していた。
スポンサーサイト
[PR]

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/244-2a7c70ec

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。