FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/247-6fbebb3a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

さよならブルトレ

burutore


「ブルートレイン」の愛称で親しまれてきた3種類の寝台列車が、JRのダイヤ改正に伴い、14日夜の運行を最後に引退する。

 新幹線の速さや深夜高速バスの安さには対抗できず、次々と姿を消す寝台列車。残すところ10種類となり、廃止や運行本数の縮小の流れは止まりそうにないが、旅情を愛する利用者からは「旅をゆっくり楽しむにはブルートレインが一番」と存続を求める声も根強い。

 11日午後10時23分、東京駅10番線ホームに寝台急行「銀河」(東京―大阪)が入線すると、多くの鉄道ファンが一斉にカメラを構えた。東京都小金井市の自営業松田和也さん(48)は出張の予定を早め、この日の切符を買い求めた。「会社勤めをしていた20代のころ、まだ独身寮にはクーラーがなくて、冷房のきいた車内で寝っ転がって移動できる銀河は、ちょっとしたぜいたくでした」と振り返る。

 15日のダイヤ改正で廃止となるのは、銀河のほか、「なは」(京都―熊本)と「あかつき」(京都―長崎)。最終日の14日の3往復分、計1058席は、発売開始わずか30秒で完売したという。

 寝台列車は、国鉄が民営化されてJRが発足した1987年以降、今回を含めて計13種類が廃止された。乗車率の低迷や車両の老朽化が主な理由だが、鉄道ファンのみならず、沿線の自治体からも存続を求める声が強かった。

 銀河は、東京駅を午後11時に出発し、大阪駅に翌朝7時18分に到着する。新幹線の最終が出た後でも乗れることから、かつては出張から戻るビジネスマンの利用が主力だった。だが、現在は、東京駅や品川駅を午前6時に出る始発を利用すれば、新大阪駅には同8時半までに到着するため、その優位性も薄れてしまった。

 また、深夜高速バスの東京―大阪間の料金は片道3000~4000円台が主流で、最も安いB寝台でも1万6070円の銀河とは4、5倍の開きがある。

 現役の「富士」(東京―大分)や「はやぶさ」(東京―熊本)も、乗車率は銀河同様に4割と低迷する。その一方で、上野―札幌間を17時間かけて走る全席個室の「カシオペア」が、3万~4万円台の料金ながら、子育てを終えた夫婦の旅行などに人気で乗車率が6~8割を維持しているように、「ゆとり」を求める乗客からは根強い人気があるのも事実だ。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/247-6fbebb3a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。