FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/248-b74d3e8a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ブルトレが泣くぞ

jrgisoubento


 東海道新幹線の車内や駅で駅弁を販売するJR東海の子会社、ジェイアール東海パッセンジャーズ(東京)の消費期限偽装問題で、同社は11日、2005年4月から3年近くで約1500万食に偽装があったことを明らかにした。

 社内規定違反だが、違法性や健康被害はなかったとした上で、建守(たてがみ)猛社長は「客を欺いた認識はあり、信頼を損ねた。二度と起こさないようにしたい」と、社が定めた消費期限表示を守っていくことを強調した。

 建守社長らによると、4工場(東京都江東区、名古屋市、大阪市、大阪府摂津市)で調べた結果、偽装は05年4月ごろからほぼ毎日行われていた。

 同社は05年4月、消費期限の社内規定を、製造開始から、弁当で19時間から14時間、サンドイッチで24時間から18時間にするなど短縮した。このため工場では、より短時間で製造する必要に迫られ、さらに愛・地球博(愛知万博)の開催を機に新幹線の乗客が増え、製造数が増加。工場の態勢が追いつかず、工場側の判断で製造開始時間を早めたのに、従来の消費期限を表示していた。

 東京の工場で作られた助六寿司(ずし)は、社内規定より6時間40分も長い時間が表示されていた。内部告発で偽装が発覚した先月21日の時点で、全170種類のうち104種類で偽装が行われていた。

 05年4月以降、ことし1月までの1日の平均製造数は4工場合わせて約4万7000食。約30%で偽装が行われており、年間約500万食に相当する。

 工場長の証言などから、05年4月以前も、お盆や年末年始など需要が増える時期は、「かなり前からやっていた」(建守社長)といい、偽装は常態化していた。

 建守社長は「工場の現場の実態を把握できず、意思疎通が乏しかった本社の責任。反省している」と話した。既に全工場で一時的に製造数を2700-3000食減らし、消費期限を印字する機械を社内で定めた時間内でなければ印字できないようにした。また今後、車内や売店のレジなどを改造し、消費期限を越えた駅弁類を販売できないようにする。
スポンサーサイト
[PR]

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/248-b74d3e8a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。