FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/308-100faa86

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トレンド・チャンネル

トレンド・チャンネルとは,相場が二本の平行線に挟まれた領域の中をあたかも誘導されるように進行する,その道筋を指す。つまり,同じ傾斜角を持った二本のトレンド・ラインに沿って市場が動くのである。もちろんトレンド・ラインと同様に相場のトレンドが出来始める段階でトレンド・チャンネルを確定させることは難しい。ある程度の期間が経過した後にトレンド・チャンネルが形成されつつあることに気づくケースがほとんどだ。
トレンド・チャンネルの存在を知ったとき,過去の相場進行を決定づける際にそれがいかに有効に機能したかが分かれば,将来の相場展開がこのチャンネルに従うと期待してもあながち的外れではなかろう。しかし,相場が型どおりに動くのは実はあまり「面白くない」。市場参加者の最大の関心は,マーケットがトレンド・チャンネルからはみ出す可能性を見極めることにある。

左図はなだらかなトレンド・チャンネルがブレイクされ,相場上昇に一段と弾みがついた様子を示している。それまでマーケットが繰り返した上下動とは明らかにリズムの異なる動きが出ている。市場参加者がチャンネル・ブレイクを契機により強い行動に出た結果がグラフ上に現れたのだ。上のモデルでは相場がこのあと新たなトレンド・チャンネルを形成しているが,実際の相場でもしばしば観察される現象である
スポンサーサイト
[PR]

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/308-100faa86

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。