FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/430-cf823240

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

乱高下、続落

レンジプレイヤーの出現で、大きく振れるも、指数の結果反映で続落。


NY時間に伝わった発言・ニュースなど

・・・・
2008/04/05(土) 06:01

【経済指標結果】
【アメリカ】
*非農業部門雇用者数(3月)21:30
結果 80千人減
予想 50千人減 前回 76千人減(63千人減)(前月比)

*失業率(3月)21:30
結果 5.1%
予想 5.0% 前回 4.8%

【カナダ】
*失業率(3月)20:00
結果 6.0%
予想 5.8% 前回 5.8%

*雇用者数(3月)20:00
結果 14.6千人増
予想 15.0千人増 前回 43.3千人増

*Ivey購買部協会指数(3月)23:00
結果 59.0
予想 62.5 前回 62.0

【発言・ニュース】
*米政府
きょうの雇用統計には失望。
第1四半期の成長見通しはフラットに。
ただ、第2四半期には回復を見せ始め、下期には成長は上向く。

*スウェーゲル米財務省次官補(経済政策担当).
リセッションの可能性についてはバーナンキFRB議長と合意している。
米経済は直近では潜在成長率以下。
コアインフレは抑制されている。
景気刺激策は今年50万から60万人の雇用創出。

*フィッチ 
格付け会社フィッチレーティングスはモノライン大手のMBIAの
格付けをAAAからAAに格下げした。

*クロズナーFRB理事 
金融市場の流動性は幾分改善したように思う。
流動性供給策が役に立ったようだ。
幾つかの機関の資金調達圧力は緩和した。
米金融システムは全体的には健全な状態。

*トリシェECB総裁 
金利と流動性の政策は分離。
二次的影響を阻止する努力を求める。
賃金はインフレ抑制に重要。
インフレ抑制は成長持続の鍵-期待抑え込みが必須。
来週の会合での決定内容を示唆しているのではない。
短期金融市場の緊張は続いている。
過度の為替変動は成長にとって好ましくない。
物価リスクの抑制に向けて政府に可能な策を講じるように促す。
金融システムに深刻な問題が起きた場合は緊急流動性供給の選択肢も。
流動性供給は救済ではない。
中銀間で状況改善を協議中。

*アルムニア欧州委員 
信用収縮の影響への懸念が高まっている。
ユーロ圏経済への悪影響を予想。
成長下振れリスクは強まった。
欧州圏でのリセッションは予想せず。
インフレ上振れリスクが現実化している。
08年のインフレ率は高まる可能性が大きい。
*トリシェECB総裁 5日2:13
金融システムに深刻な問題が起きた場合は緊急流動性供給の選択肢も。
流動性供給は救済ではない。
中銀間で状況改善を協議中。

*スロベニア財務相
08年、09年のユーロ圏の成長は減速する。
ユーロ圏経済の状況は健全。
金融機関に十分なバランスシートの情報開示を求める。
金融混乱からの実体経済への影響は限定的。
金融機関の支払い余力の問題はケース・バイ・ケーズ。
ユーロ圏の金融システムは難問に直面しているが、他国よりは良い。
金融機関の支払い余力に問題が起こるとは思っていない。
我々は政治的な強い合意を得た。金融市場安定に国境を越えて対応。
ユーロ圏共通の金融監督局創設のコンセンサスはまだ出来上がっていない。
責任分担についてはまとまっていない。
(スロベニアで開催のユーロ圏財務相会合の声明会見で)

*弱い雇用統計について、各大統領候補者のコメント
クリントン氏 追加の景気刺激策が必要。政府がリスク住宅資産購入
を行なえるよう準備が必要。また、少なくとも300億ドル規模の追加景
気刺激策も必要。

オバマ氏 雇用保険拡大やリセッションによって被害を受ける地域支援
のための追加景気刺激策が必要。中流階級を育成、また、海外に仕事が
流出するような協定や税制を改め、雇用を生む国内企業に投資育成。

マケイン氏 減税によって企業や労働者の負担を軽減。規制を合理化し、
ヘルスケア費用削減に取り組み、そして米国製品への市場開放を海外
政府に求めることで国内労働者を支援。







■NY時間は、ドル続落。米3月雇用統計が3カ月連続で前月比マイナスを示した上、米3月失業率も2年半ぶりの水準に悪化した結果、29-30日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で50bp利下げを行なうとの織り込み度が高まりドルが急落した。ダウ先物の売り圧力が強まったことも、対円でのドル安を加速。ダウ平均がプラス圏へ回復した段階で対円を中心に買い戻されたものの、ダウ平均が引け際にマイナスに転じ対円で一段安を示現した。

 ドル円は米雇用統計直前にダウ先物が100p高を示したため、102.55-60円へ上昇した。しかし米雇用統計が発表された直後に急落し、一時101.60円まで下落。売り込まれる過程では「アジア系の買いが入った」(NY邦銀筋A)ほか、「102円割れから本邦機関投資家が買い下がっていたことを確認し短期筋がショートカバーに動いた」(NY邦銀筋B)とあって、戻りを試した。一時102.55-60円と米雇用統計前の水準へ行って来いとなったが、上値では「リアルマネーや米系大手ヘッジファンド(HF)の戻り売りに押された」(B筋)ことに加え、「アジア系の一角」(A筋)も売りを持ち込み、下値を探る展開に。ダウ平均が本日安値を付ける過程では、ユーロ円の売りに引っ張られ5日移動平均線のサポート付近にあった101.55円のストップを抜け、一時101.47円へ切り下げた。午後にダウ平均がプラスを回復したが戻りは鈍く、102.10-15円まで。モノライン大手MBIAがフィッチに格下げされた結果ダウ平均が小幅安で引けると、薄いマーケットのジリジリと値を下げ一時101.45円で安値引けした。

 ユーロドルは米雇用統計直後1.57ドル前半から一時1.5775ドルへ駆け上がり3日ぶりの高値水準へ上昇したが、瞬間的に1.5680-85ドルと昨日終値近くへ戻した。金利先高感から1.5750-55ドルまでショートカバーが入ったものの、欧州連合(EU)財務相・中央銀行総裁会議が開催されていたことから、会議終了後の口先介入が懸念され上値は重かった。

 ユーロ円は米雇用統計直前にダウ先物が急伸したため、一時161.10円と本日高値を更新。しかし結果を受けダウ先物の乱高下に合わせ160.14円まで売りが広がった後、161円台に接近した。ダウ平均が売り先行で寄り付くと下値を試す展開となり、米株の本日安値更新につれて160円台を割り込み一時159.77円まで下げ幅を拡大。ダウ平均がプラスを回復したNY午後に160.40-45円まで戻したものの、引けにかけダウ平均がマイナスに転じた結果、一時159.64円と本日安値を更新した。

 6時00分現在、ドル円は101.45円、ユーロドルは1.5737ドル、ユーロ円は159.65円。


■欧州系カスタマーディーラー筋



 「アジア系のレンジプレーが気になる。101.50円で買い、102.50円で売りのレンジ・プレーを行なっているようだ。翌週7日は米重要指標を予定しないこともあり、この動きに追随してよいかも。」

■FGICは1カ月以内に資本増強必要 NY州保険当局 2008/04/04

FGICは1カ月以内に資本増強必要 NY州保険当局
ニューヨーク州保険当局のエリック・ディナロ局長は、米金融保証保険(モノライン)
大手、ファイナンシャル・ギャランティー・インシュアランス(FGIC)が、自主廃業とい
う最悪のシナリオを避けるため、30日以内に資本増強をする必要があると語った。
局長は「極めて速やかに解決されなければいけない問題だ。そうしないと、誰も望
まないシナリオになる。現在の市場環境では1カ月以内の必要がある」と早急に
資本増強するよう求めた。





bunnerにほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ





ドル円が0.5~、強烈、最狭(最強)スプレッドになりそうです。

新東京シティ証券『為替マーケット』では、2008年3月31日(月)日本時間06:00より、
全23通貨ペアのスプレッドを、下記の通り大幅に縮小改訂したそうです。

【業界最狭水準スプレッドに大幅縮小!】

【新スプレッド一覧!】
通貨ペア名  現行スプレッド  新基準スプレッド  最狭時スプレッド
USD/JPY       4          2.9          0.5~
EUR/JPY       5          4.9          1.3~
GBP/JPY       8          7.8          5.5~
CHF/JPY       10          7.9          5.4~
AUD/JPY       8          6.5          3.8~
CAD/JPY       10          6.9          3.2~
NZD/JPY       10          8.9          5.8~




スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/430-cf823240

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。