FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/555-59a7c1ca

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

本日の動向

◇長期金利、一時1.785%に上昇
 27日の債券市場で長期金利の代表的指標の新発10年物国債利回りが一時、前日比0.045%高い1.785%に上昇(債券価格は下落)した。昨年8月上旬以来、約10カ月ぶりの水準。株式相場の上昇が売り材料になったほか、新発20年物国債入札に合わせたヘッジ(損失回避)売りなどが膨らんだ。長期金利はインフレ懸念を背景に、このところ上昇基調にある

◇財務相発言 長期金利上昇に懸念

◇東証1万3800円半ばで推移
 27日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は堅調。100円強の上昇が続き、1万3800円台半ばで推移している。主力株中心に幅広い銘柄に自律反発期待

◇クロス円相場は方向感なし
10時時点は1ドル=103円38―41銭前後


 欧州市場が目覚め始める午後にクロス円はショート優勢の方向に傾くか、アジアの株価が堅調ならそれにつられて、欧州の株価もそこそこに落ち着くと、夕方には本邦輸入勢のポジションもあり、一気に円安にはならないかもしれない。

 ロンドン、NYの祝日明けで、本日後半の動向は一旦ブレが起きる可能性はあるので、飛びつきのポジション取りで失敗しないようにしたい。

 ねらい目は、102円台のドルのロングと203円台のポンドをロング

>>>>> 為替投資情報はこちらで確認 ブログ村

>>>>> 金融全般の情報はこちらで確認
 ブログランク











☆FX口座の紹介

3月に続き、6月初旬に、再び円高の第2波がやってくる確率が高くなってきた。

FXでレバレッジを効かせたスワップ取得のチャンスがやってきた!

ここで、ひとつの方法論として、また実践している手段を紹介します。

まず、レバレッジの関係と選ぶ通貨の種類はどうするか?

まず、レバレッジは何倍がいいの? ずばり底で買うなら400倍で!

は、間違いです。短期勝負ではありませんので、最大でも10倍程度に抑えておきましょう。

ただ、ここで実効レバレッジを10倍にする必要は必ずしもありません。

100倍超のレバレッジで買い(ロングポジション)、資金を実質購入金額の10分の1を入れておけばよい事になります。(あくまでも強制ロスカット対策のひとつとして)

例えば、99円台のAUD(オーストラリアドル)をスワップするときは1万通貨単位でおよそ9万9千円を証拠金として用意すれば、実質10倍レバレッジ(掛け値)になるということです。

通貨種類については、研究所では断然、資源国通貨のオーストラリアドル、ノルウェークローネ、カナダドルなのだが、金利の高いトルコリラ、アイスランドクローネ(現在マイナススワップ値)、メキシコペソなどは、市場での扱いが不安定、頻繁に取引停止状態となります(まさしく不安定なので金利高)、南アフリカランドも同様に動きは他のクロス円に同期するように見えてスプレッドが不利であったり、変動値が他通貨より極端に大きくなりがちです。

あえて、リスクを取り、高いスワップを考えると言うなら別ですが、エントリーには充分な注意とタイミングが必要になります。

折角ならFX口座は通貨ごとに分けておきたい。

理由は?なぜなら、リスク分散と口座資産の安全性を確保。

ここで言う、安全性はFX事業者の破綻ではない、自身の口座のロスカット危機の時、

全滅を防ぐこと、これ一つにつきます。

と言うことで、スワップ口座の4傑をご紹介!!

①外為オンライン

②ヒロセ通商

③ひまわり証券株式会社

④アルゴリズムトレードFX | ALGORITHM TRADE FX

いずれも、スプレッドについては、最強とは言えないですが、スワップ金利の優位性と取り扱い通貨の多さでは間違いがありません。



あまり多額のスワップを得ると、税金の問題があります。(特に税率が大幅に上がる方は)
そこで、いくら稼いでも税率一律20%と損が出たときも翌年差し引き精算可能なくりっく365も一つは持って損は無い。

ただし、スワップ金利はショート・ロング同額ですが、上記のFX会社よりは不利になります。

また、クリック365では現状マイナー通貨の取り扱いがありません。

メジャー通貨に限るならということで、くりっく365を使う手があります。

くりっく365は全社、スワップ同額なので、手数料の安いばんせい証券の“くりっく365”!!がお勧めです。




アラビアの蜃気楼を狙え、ガジェットウェアのドバイ株口座開設サービスでインフレも怖くない












★付録★

南アフリカの深刻な状況 

アパルトヘイト(人種隔離)を廃止し「民族和解」の象徴とされてきた南アフリカで、隣接するジンバブエなど外国人労働者を標的にした暴動が拡大、外国人の国外脱出が相次いでいる。2週間で40人以上の死者が出ており、軍隊が鎮圧に当たる事態になっている。28日から横浜市で第4回アフリカ開発会議(TICAD4)が開かれるが、アフリカの厳しい現実を突きつける格好になった。

 現地からの報道によると、暴動は11日に最大都市ヨハネスブルクなどで発生し、南部のケープタウンや東部の港湾都市ダーバンなどにも飛び火した。ケープタウンのスラム街では短銃を持った暴徒が発砲、ソマリア人が経営する小売店への略奪も起きた。ヨハネスブルクでは22日以降、軍隊200人が出動して暴動の鎮圧に当たっている。

 外国人労働者や移民は襲撃を恐れて避難所に移動し、その数は2万5000人にのぼる。一方で、モザンビークからの約1万3000人は特別バスなどで国外脱出し、ジンバブエやマラウイからの労働者も帰国を始めた。有効な策を打ち出せないでいるムベキ大統領に対し、野党の民主同盟(DA)は「暴力停止と寛容を呼びかけるべきだ」などと批判を強めている。

 南アフリカで軍隊の鎮圧出動は、全人種選挙を実施してマンデラ氏が初の黒人大統領に選ばれた1994年以来。同国はダイヤモンドや金など鉱業主導の経済は好調で2006年は実質GDP(国内総生産)成長率5%を達成したものの失業率は30%と高い。民族和解の精神を受け継いで難民や亡命者を積極的に受け入れてきたが、今回の暴動は、仕事を奪われた低所得者層の不満が暴発した格好だ。

 2010年にサッカー・ワールドカップ(W杯)が開かれる南アでは競技場建設や社会基盤整備が予定され、モザンビーク、ナイジェリアなどアフリカ諸国から500万人が流入している。このうち300万人がムガベ大統領の強権支配に苦しむジンバブエからだ。同国は年間インフレ率16万5000%、失業率80%と絶望的な経済状態で、医師や教師といった人材も南アに流れ込んでいる。

 アフリカを専門に取材している英国人ジャーナリスト、フレッド・ブリッジランド氏=ヨハネスブルク在住=は産経新聞に対し、「独裁体制を死守するため野党支持者への弾圧を強めるジンバブエのムガベ大統領と、これに目をつぶり続ける南アのムベキ大統領が大量の“政治難民”を生み出した。これが今回の暴動を誘発したともいえる」と指摘している。


mszar

スポンサーサイト
[PR]

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://wakuwakukyupee.blog80.fc2.com/tb.php/555-59a7c1ca

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。