FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

バーナンキ氏のヒゲを剃った顔を見たい

は、できそうも無いので、チャートのひげを抜こう。◇バーナンキ議長の脅迫議会証言にて、→政策の足踏みがあれば、経済停滞はより長期化、深刻化する。近所の公園で、1ショット、最近やっと秋らしいすごしやすい季節になりました。◇野村、リーマンの欧州・中東部門も飲み込む部門買収をしたはいいが、資産より人的資源の流失をどう留めるか、本邦給与基準では、シニアクラスのマネージャーは雇えない。別会社で雇用か?◇GM格下げ格...

まだ不透明な新機構

20日に大統領声明がありましたが、最大7000億ドル(75兆円)の破格のスタートを宣言。しかし、入札システムや、まだ危機が表面化していない金融機関にたいしてのペナルティなど、明確なルールがなく、かなり不透明である、当初のリーマンのようにぎりぎりまで隠し続ける機関も出かねない。さらに、EUと日本にも相応の参加を求めると言う構想らしいがさらに参画(資金規模)の是非は霧の中だ、先週末に格好の売り時のアナウンス通り...

醜悪なデコレーション

今週は、インターバンク市場におけるドル決済資金の不足に対して、各国一斉のドル資金供給という緊急措置が出るほどに、資金決済市場ではスワップが大きく変動し不安定さを目に見えて増幅させた1週間となった。そもそも、引き金はリーマンの破綻に始まるデフォルト懸念(そのご現実化)からで、これにより資金ショートを起こす金融機関が増加することが予想された。(最たるものがAIG)(ニュース番組のような解説はFXトレイダーに...

ドル円は格好の売り場に

◇欧州市場でもクロス円が上昇ドル円は目先、108円台の格好の売り場にタッチしそうだ。(ほかのクロス円、ユーロ、ポンドなども含め)市場の見方は(チャート上も)、ドル円は109円台までブレイクしない限り、下降線を継続。この数週間で、さらに出てくると思われる金融セクターの危機に追加措置としてFRBに残されているのは、緊急利下げと、量的緩和措置と言う禁断の一手になりそう。ここまで、順当に手を尽くしてきただけに、タイ...

ついに?遅すぎた?最終手段

◇RTCに似た組織米、不良債権処理機関の設立検討 議会と協議へ 、金融機関から不良債権を買い取って処理する公的機関設立の検討に入った。ポールソン米財務長官と米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長が同日夜、議会幹部に構想を説明する見通し。 ポールソン長官らは同日午後、ブッシュ米大統領に構想を説明したもよう。米CNBCテレビは関係筋の話として「整理信託公社(RTC)に似た組織」と伝えた。RTCは1980―90...

主要米証券は生存率2割

昨日はNY証券市場を中心に不信感の嵐に覆われました。大手救済策に対する米国金融当局に対するバッシング拡大しています。リーマンの救済に消極的だった態度を一転、AIGに対しては大盤振る舞い、直前までの自己責任主義をかなぐり捨てた転身に?マークです。議会でAIGに公的資金投入の説明を求められたポールソン氏の説明はあまり理屈の通るものとはなっていませんでした。この10年のレバレッジ市場を形成した米国主要証券5社のう...

一転、金利据え置き

◇FRBは2%で金利据え置き決定◇AIG救済策を検討中バーナンキ議長とポールソン長官が、AIGの救済策を議会関係者に説明していることが明らかに。AIGに約850億ドルのつなぎ融資の見返りとして同社の株式約80%を取得する方針だとのこと。結果、実質は国有化という前代未聞のウルトラCに打って出るのか、◇水曜の各国市場は落ち着きを取り戻した。◇AIG報道で国内銀行株買戻し・・・・もしも、AIGが解体となっても、日本法人につ...

AIGの運命

AIGの株価はNY市場開場後1ドル台を付け、現在2ドル台で推移、格下げを受けてCPの発行はおろか、資本引き揚げのリスクが決定的。リーマンの数十倍の資金(税金)投入を果たして、決断するのか?あと3時間ほどで、答えは出るようである。ブラックサンデーまたはブラディサンデーから、ボトムチューズデーとなるのか。今夜も眠れない。...

AIG救済との報道 CNBCネット

さきほど、CNBCネットワークニュースの報道によると、当局主導でAIGの救済が決定される可能性ありとのこと。いったんやめた資金供給を行うのか?真偽は疑問がある。ぬかよろこびの行ってこいにならぬことを祈る。...

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。